Sponsored Ads
追い切り情報

毎日王冠 2021 最終追い切り評価【タイム入り&お薦め馬発表!】

追い切り情報
この記事は約8分で読めます。

10月10日の毎日王冠の最終追い切り考察を行った記事です。
追い切り情報をお探しの方に向けて作成していますので、タイムと考察を入れています。

天秋の前哨戦。
出走メンバーは以下をご覧ください。

毎日王冠 2021 出走予定【想定騎手&有力馬考察】ダノンキングリーら13頭が登録
10月10日に行われる毎日王冠の出走予定馬情報をまとめました。安田記念の勝ち馬ダノンキングリーが登場。NHKマイルCを制したシュネルマイスターも登場し、世代別のマイル王者が登場します。注目はケイデンスコール。前哨戦には強い馬という印象です。

G1がない週ですが、G1馬やG1級の馬が出走を決めてきましたので、今週も楽しめそう。

各馬の追い切り考察後に全体のまとめを行っています。
馬券の参考になれば幸いです。

Sponsored Ads

日経新春杯を攻略しようのコーナー!

確実に走りそうなデータ3頭。
そして、買い目でうまく攻略へ。

──────────────────
まずは日経新春杯データご紹介。
過去10年年齢別成績では4歳馬が優勢。
なかでも3番人気以内に支持された3歳馬は(6-3-0-3)勝率50%、複勝率75%。
プラダリア、ヤマニンゼスト、ヴェローナシチーの中で人気になる馬は狙い目といえそうです。
この3頭馬単でも熱いかも!!
──────────────────

そして、最後はここの買い目
今月はもう収支+177,600
無料公開される買い目が夏から毎月プラス収支。

集計:8/6~1/09
投資:332,600円
払戻:748,250
収支:+415,650
66戦35勝中無料公開予想
0108シンザン記念
回収率184%
+4,720
0108中京5R
回収率1,026%
+46,300
0107中山7R
回収率3243% +150,880

もう一度お伝えしますが、今年は既に177,600円プラス!

競馬には絶対はない。しかし、この金額はお年玉のレベルを超えている。

──────────────────
◎01月08戦3勝 +177,600
◎12月18戦9勝 +69,260
◎11月09戦6勝 +107,430
◎10月11戦5勝 +28,100
◎09月11戦7勝 +21,160
◎08月09戦5勝 +12,080
──────────────────

見てない方は損してると言い切れる戦績。
無料公開に選ぶレースが自信のレースという面白いサイトです。

  • メールアドレスだけの簡単登録
  • 今登録で毎週無料予想アリ!

無料登録はコチラから

リンク先:https://www.neoskeiba.jp/

日経新春杯、無視できない予想であなたのものに

Sponsored Ads

今年無料予想連勝中!!
なのにどうしてみんな知らないんだろう

サイト名で栗東/美浦独占スクープマガジンとあるだけに自信度が激高!
当然、買い目無料公開もやってくれます!

──────────────
100%無料買い目情報
第57回日刊スポーツ賞
シンザン記念(G3)
馬番→2.3.4.5.7
3連複BOX10点
12,900

すばるステークス(L)
馬番→1.5.10.12.14
3連複BOX10点
11,100

第72回日刊スポーツ賞
中山金杯(G3)
馬番→1.2.3.5.12
馬単BOX20点
63,200

※1点1000円
──────────────

12月だって凄いんだから!!土日重賞連勝爆走!

有馬記念 17,700
阪神C 21,500
朝日杯FS 12,800
ターコイズS 23,100
阪神JF 99,800
中日新聞杯 29,200
チャンピオンズC 48,500
チャレンジC 43,500
──────────────

愛知杯、京成杯 日経新春杯ある今週末。
今きてるのは間違いなくココです!

  • メールアドレスだけの簡単登録
  • 100%無料買い目情報
  • 本格派のためのめり込み注意!

無料メルマガ登録はコチラから

リンク先:https://keiba-nine.com/

メール登録し前夜買い目を確認。

毎日王冠の各馬の追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

JRA公式YouTubeにて毎日王冠の追い切り動画が配信されていました。

ヴァンドギャルド【B】※

10月6日(水)栗東 CW(良)
5F67.5-51.5-37.8-1F12.0
※前走海外の為、評価は東京新聞杯の時と比べて

単走馬なり。

鶴首となってしまうくらい気持ちが入っていました。
逆に見ると、掛かりそうな雰囲気も。

全体的に軽めの調整となった最終リハですが、動きは軽快でした。

今年3月以来の実戦となりますが、変な気負いなどはなさそうです。
いつもリラックスして走る馬ですので、この程度でも仕上がっていると判断していいのではないでしょうか。

時計が良く見えますが、コース4分から5分ほどを回っていますので、参考程度まで。

ヴェロックス【B】

10月6日(水)栗東 坂路(良)
53.1-38.3-24.6-12.1

単走一杯。

元気一杯という形で走ってきましたが、上体を上げたり下げたりと、集中力という点ではやや劣る印象です。

5歳となり落ち着きが欲しいところもでもありますが、逆に見れば若々しさを感じるところもあります。

ただ、全体的には前走程度までの走りとなりそう。

もう少しきっちりと後脚を使えると良さそうですが、ややバランスが悪い印象です。

鞭が入ると反応はしていましたので、まだまだ気持ちも枯れていないはず。
ここからしっかりと立て直されて、冬のどこかのレースでは優勝をと願う馬です。
できれば重賞を勝ってほしいですね。

カデナ【C】

10月6日(水)栗東 坂路(良)
52.2-38.1-25.4-13.2

単走強め。

最後はしっかりとバテてしまい、13.2秒とかなりの減速ラップを刻んでしまいました。

残り1ハロンのところから徐々にバランスが悪くなり、細かく左右にブレる走り。疲労が見えてしまった内容でした。

気付いたら手前を替えていたりと、状態面が心配になる追い切りとなりました。

たまにこういうことが起きる馬ではありますが、もう少ししっかりと動けても良さそうな印象は受けます。

ケイデンスコール【A-B】

10月6日(水)栗東 坂路(良)
52.8-37.6-23.8-11.7

単走馬なり。

真っ直ぐに集中力高めで走れているのは良かったと感じる。

ただ、助手の方が右足を気にしながら走っているのが気掛かりです。

前走時は明らかにデキ落ちを感じる内容だっただけに、その点では今回の方が良かったと感じます。

マイラーズCの時と比較すると、それでもどうかなと思う部分はありますが、全体的には悪くはない動きを見せていました。

変わり身があるとすればここか。

サンレイポケット【B】

10月6日(水)栗東 坂路(良)
53.3-38.7-24.9-12.4

2頭併せ馬なり1馬身先着。

軽快な動きを見せて先着となりました。

特に悪くはないと思いますが、それ以上に特にこれといった特筆すべきポイントも見当たらずという内容でした。

もう少し気持ちを前向きに出してくれると良かったですが、淡々と走っている印象が強く、消化しているだけ。

それはいつものことと言えばそこまでですが、どうしても地味に映ってしまいます。

特に追い切りがレースに直結する馬ではないという点も含めて、評価が難しい馬。

久々ではあるものの、仕上がりはある程度は良いのでは。

シュネルマイスター【C】

10月6日(水)美浦 南W(良)
6F82.5-65.7-51.2-37.1-1F11.4

2頭併せ強め1馬身先着。

直線向いたところで、ふわふわとした走りをしていました。
最後はしっかりと伸びていまいしたが、鋭く伸びたというよりも、じわじわと伸びたという印象です。

それでも時計は良好で、仕上がり的には8割くらいには状態が戻っていると思います。

ただ、成長という面では今一つの印象で、春の勢いが秋にも出てくるのかというのはやや疑問が残るところ。

1週前は同じく南Wで3頭併せ。
その時は舌を出して走っていて、集中力を欠いた印象です。
時計は良かったものの、僚馬に1馬身差を付けられる内容だっただけに、最終リハの様子が気になっていました。

全体的には悪くはないと思うものの、デキは春の頃の方が良かった印象を受けました。

ダイワキャグニー【B-C】

10月6日(水)美浦 南W(良)
6F83.2-66.8-52.0-37.3-1F12.0

単走強め。

いつも追い切りは動く馬。
今回も軽快な動きを披露していました。

ただ、直線向いたところで手前を替えますが、その時に内へ斜行するような形になりました。
それからもスイッチが入ったというようなことなく、精神面でもやや後退したような印象を受けます。

久々ということで、気持ちが前向きではないのかもしれません。

ここを使われてどこまで上向くかではないでしょうか。
秋に激走を見せるタイプですので、次走がG1であれば厳しいかもしれませんが、OPやG1の裏開催の重賞ならば面白そうですが…。

ダノンキングリー【C】

10月6日(水)美浦 南B(良)
5F68.8-54.0-39.5-1F12.0

2頭併せ内強め併入。

南Bコースはダートコース。
時計は物足りないと感じるかもしれませんが、Bコースであればこんなものです。

特にBコースはカメラの位置から遠いので、僚馬に隠れてしまっている状況でよく分かりません。

ただ、脚捌きは軽快で、フットワーク軽く走れていました。

コーナー部分がやや怪しく、前向きさが出てしまいましたが、直線入ると気持ちよく走れていました。

久々のレースとなりますが、デキ自体は8割9割で出走できるのでは。
さすがに前走の仕上がりとまではいきませんが、G1馬となって迎え撃つ立場なだけに、恥ずかしい競馬はできないはず。

評価は下げていますが、このメンバーならば上位に食い込めるはず。

トーラスジェミニ【B-C】

10月6日(水)美浦 南W(良)
6F84.8-67.9-52.6-37.9-1F12.0

2頭併せ内強めクビ差遅れ。

軽快に走ってはいましたが、僚馬に遅れる内容でどうか。

僚馬の1馬身後ろを追走して直線へ。
すぐに並ぶも、最後はジリジリと遅れていく内容でした。

時計の根拠もやや物足りず、前走と比較してもデキがさらに落ちているのでは。

前走のレースがあまり前向きになっていないのではないかと思います。

ポタジェ【B】

10月6日(水)栗東 坂路(良)
54.6-39.5-26.1-13.3

単走強め。

当週追いの評価が難しいので、1週前の雰囲気から。

1週前は3頭併せでCWを駆け抜け併入という内容でした。
最後まで追われて、脚色は外を走る馬の方が良かったですが、抜け出したタイミングでは良い走りを見せてくれていました。

当週追いは、馬なりでの内容。
ただ、時計を見ても分かる通り、軽めの調整程度のものでした。

過去にも当週追いを軽めにやって結果を残していますので、この方法で悪くはないと思います。

2週前の時計だけですが、しっかりと時計を刻んでいることからも、デキ落ちということはないと考えています。
前向きな前走程度だと判断しています。

マイネルファンロン【B-C】

10月6日(水)美浦 南W(良)
6F83.5-66.5-51.9-37.7-1F11.8

2頭併せ外強め1馬身遅れ。

やや掛かり気味なのか、前向きな気持ちが表れたコーナー部分でした。

逆に直線入るとその前向きな気持ちが消えてしまい、淡々と走っているかのようになってしまいました。

特に上昇気配ということはなさそうです。

前走以上ということはなさそうですが、デキは平行線か、もしくはやや落ちた印象です。
厳しめに見積もって、デキ落ち評価としておきます。

ラストドラフト【A】

10月6日(水)美浦 南W(良)
6F80.0-64.6-51.0-37.5-1F12.0

2頭併せ外強め1馬身先着。

軽快なフットワークで駆け抜けていきました。
前進気勢を見せてしっかりと伸びていきました。

1週前の映像を観て立て直されてきたという印象を受けましたが、最終リハを観ても状態面で良さそうだと考えます。

前脚と後脚との連動性が良く、しっかりと伸びていたというのが印象的でした。

精神面でのリフレッシュも感じられ、秋初戦から好走ができそうで楽しみ。

毎日王冠の追い切りまとめ

各馬の追い切り考察が終わりましたので、追い切りまとめを行っていきます。

今回の追い切りで上昇気配を示していたのは、【A】評価ラストドラフト、【A-B】評価のケイデンスコールの2頭でした。

どちらも2頭も、この秋に巻き返しを狙う2頭ということで、陣営の本気度も高かったと思います。
その反面、G1では足りないメンバーですので、前哨戦のG2を勝っておきたいという思惑も透けて見えてきます。

それではお薦め上位馬の発表です。

今回のお薦め1位はラストドラフトです。

久々のレースとなりましたが、リフレッシュ効果の方が大きそう。
ここを使われるとさらに良くなりそうなイメージこそありそうですが、まずはここの走りに期待したい追い切り内容でした。

お薦め2位は、このメンバーならばというところでダノンキングリーとします。

デキは前走の安田記念の方が上でしたが、8割程度の仕上がりでもここは走れる。
2年前の毎日王冠を勝っているように、適性の高いコース。それも相まって、ここは重賞連勝で弾みをつけて秋の本番を迎えたいはず。

3位はケイデンスコールとします。
今年は京都金杯とマイラーズCを優勝し、中山記念も2着と堅実な走り。
もう一度立て直されてきたと感じるだけに、前走の凡走は度外視して考えたい。

以上、今回の追い切りお薦め馬でした。
馬券の参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました