重賞競走の追い切り考察を無料で掲載中!タイムや映像をチェックして評価しています

競馬予想に必須だと感じている追い切り。直前の動きを知ることで、その馬がレースで走るのか走らないのかを知ることができます。

穴馬を見つけるには色々な要素がありますが、追い切りの動きを見てしっかりと考察を行うことでも、激走馬の発見に繋がると言っても過言ではないでしょう。

このカテゴリは、重賞競走を中心に各馬の追い切りの良し悪しを判断しているものを集めました。

競馬予想

【京阪杯 2021】追い切りからの予想|ファストフォースに期待したい内容

京阪杯の最終追い切り考察と予想まで一気に行いました。追い切り上位馬はライトオンキュー・オールアットワンス・シヴァージ・ファストフォース・レイハリアの合計5頭が良く見えました。予想はこの中から2頭を選択して馬連とワイドの2点勝負とさせていただきます。
追い切り情報

【京都2歳ステークス2021】最終追い切り|トゥデイイズザデイの雰囲気上々

11月27日の京都2歳ステークスの最終追い切り考察を行いました。各馬の考察後に全体まとめを行っています。最後までご覧になっていただき、馬券の参考になると幸いです。トゥデイイズザデイの雰囲気上々。ライラックも良かった。穴馬候補にシホノスペランツァを指名。面白い。
追い切り情報

ジャパンカップ2021 最終追い切り評価|コントレイル余裕を感じる内容で好感

第41回ジャパンカップの最終追い切りを中心とした追い切り考察を行いました。有終の美を飾るべくコントレイルが登場。坂路で51.0-36.9-23.9-12.0を記録。馬なりでの内容でこの時計はさすがというか、貫禄の動きを披露してくれました。
追い切り情報

マイルチャンピオンシップ 2021 追い切り評価|グランアレグリア調整程度の内容

11月21日に行われるマイルCSの最終追い切り評価を行いました。引退レースとなるグランアレグリアは、南Wを淡々と駆け抜け【6F80.3-65.3-51.4-37.6-1F12.2】で消化。走り自体は変わりないものの、やや元気がない印象も。前走の反動がやや気になるところ。
追い切り情報

福島記念 2021 追い切り評価|コントラチェック81.3秒で駆け抜ける

11月14日に福島で行われる福島記念の最終追い切り考察を行った記事です。有力視されている1頭コントラチェックが81.3秒でwを駆け抜けました。ただ、僚馬の方が脚色は良かった...どう判断するか。各馬の追い切り考察後に全体のまとめを行って推奨馬を発表しております。
追い切り情報

デイリー杯2歳ステークス 2021 追い切り予想|セリフォス55.3秒で坂路を駆け抜ける

11月13日に阪神で行われるデイリー杯2歳ステークスの最終追い切り情報について記載しています。12月を占う上で大事な2歳重賞。追い切りをしっかりと確認してから馬券に繋げていきたい。有力視されているセリフォスは、栗東CW4F55.3秒で駆け抜けました。
追い切り情報

武蔵野ステークス 2021 追い切り評価|オメガレインボー上昇気配漂う走り

11月13日に東京で行われる武蔵野ステークスの追い切り考察を行った記事です。各馬の追い切りを評価した後に、全体のまとめを行っていて、お薦め馬を挙げています。有力視されているソリストサンダーは栗東坂路を53.5秒で駆け上がりました。活気のある走りを披露。
追い切り情報

エリザベス女王杯2021 最終追い切り予想|レイパパレ坂路を52.9秒で駆け抜ける

11月14日に阪神で行われるエリザベス女王杯の最終追い切り考察を行いました。各馬の評価後に全体のまとめを行っています。レイパパレは栗東坂路で2頭併せ。≪52.9-38.4-24.7-12.5≫で駆け抜けました。アカイトリノムスメは美浦南Wで2頭併せ。
追い切り情報

ファンタジーステークス 2021 追い切り評価予想|ナムラクレア坂路54.4秒

11/6(土)に阪神1400で行われるファンタジーSの各馬の最終追い切りの様子と全体のお薦め馬について書いた記事です。有力視されているナムラクレアは、坂路で54.4秒をマーク。時計的にはあまり魅力を感じずという走りではあるものの、すばしっこい動きは健在。
追い切り情報

京王杯2歳ステークス 2021 最終追い切り評価予想|コラリン南W1F11.8秒

11/6(土)に東京で行われる京王杯2歳Sの各馬の追い切り考察と全体のまとめを行った記事です。有力視されているコラリンは、南Wで3頭併せを行い僚馬の間を突いて伸びています。実戦さながらの追い切りに好評価。ジャスパークローネは栗東坂路51.2秒。
追い切り情報

みやこステークス 2021 追い切り評価予想|クリンチャーは坂路で51.9秒

11/7(日)に阪神ダ1800で行われるみやこSの最終追い切りの各馬の様子と全体のまとめをおこなっている記事です。人気が予想されるクリンチャーは、坂路で全体51.9秒と好時計も、最後は13.1秒でやや苦しそうな走り。状態が上がり切っていない不安を感じます。
追い切り情報

アルゼンチン共和国杯 2021 最終追い切り評価予想|オーソリティは遅れる内容

11月7日(日)に行われるアル共杯の最終追い切り考察について書いた記事です。オーソリティは、美浦南Wで3頭併せで【6F85.5-69.2-53.6-38.5-1F11.6】の時計をマークも、最後は遅れる形となりました。掛かっているような素振りを見せており、ここを使って状態が上がると考えます。
追い切り情報

天皇賞秋 2021 予想|最終見解は2頭の馬連とワイドで

天皇賞秋の予想を公開します!10月31日に東京競馬で行われる天皇賞秋の馬連・ワイド予想です。馬券も2頭の馬連とワイドで。1頭目はグランアレグリア、2頭目はエフフォーリア。コントレイルは3頭目評価としますので、馬連を考えるならば買いません。
追い切り情報

【天皇賞秋2021】追い切り予想|タイムと映像から激走馬をチェック!

3強と言われる今年の秋の天皇賞ですが、追い切り考察からは穴馬の存在も。今回の追い切り動画を見ると、ものすごくハイレベルな1戦となるのは間違いない。ゴール前は接戦となってもおかしくないほど、状態を上げてきている馬が多かったです。コントレイル・グランアレグリア・エフフォーリアの中では、グランアレグリアが良かった。
追い切り情報

【富士ステークス2021】最終追い切り予想|ワグネリアン坂路で53.3秒も

10月23日に行われる富士ステークスの追い切り考察を行いました。ワグネリアンは栗東坂路で53.3-38.4-25.1-12.5という時計。どこか大人しくて雰囲気は悪い。そんな中で良かったのがバスラットレオンとロータスランドの2頭。この2頭は上昇気配を示していました。
追い切り情報

【菊花賞2021】最終追い切り予想|ステラヴェローチェ遅れる内容で疑問

10月24日に行われる菊花賞の追い切り考察を行いました。各馬のタイムと映像からの動きをチェックして、最後にお薦め馬をお伝えしています。ステラヴェローチェは僚馬のヴェローチェオロに遅れる内容。一瞬加速したと思った次の瞬間に減速加減で疑問が残る。
追い切り情報

【府中牝馬ステークス2021】最終追い切り評価|タイムや考察入り

中間不安視していたマジックキャッスルは、最終リハでも坂路を選択。南W4ハロン追いが通常パターンから、蹄を気にして坂路追いを選択。最終リハが動けていたので、そこまで心配せずに良さそうですが、それでもデキはピークではない。お薦めの馬は久々の競馬となるアノ馬です。
追い切り情報

【秋華賞2021】最終追い切り評価とお薦め馬|各馬のタイムと考察入り

ソダシは栗東 坂路(良)55.0-40.0-25.5-12.2で馬なりで駆け抜け。それでも僚馬を突き放す内容で、貫禄が出てきた印象です。一方で、中間順調さを欠いたユーバーレーベンは、美浦 南W(稍重)5F67.8-52.5-38.1-1F11.9で走りきるも、迫力不足感は否めず。
追い切り情報

毎日王冠 2021 最終追い切り評価【タイム入り&お薦め馬発表!】

10月10日の毎日王冠の最終追い切り考察を行った記事です。追い切り情報をお探しの方に向けて作成していますので、タイムと考察を入れています。上昇気配の馬は、ラストドラフトとケイデンスコールの2頭。有力馬のダノンプレミアムとシュネルマイスターはデキ落ち漂う追い切りでした。
追い切り情報

サウジアラビアロイヤルカップ 2021 最終追い切り評価【タイム入り】

10月9日のサウジアラビアRCの最終追い切り考察と評価を行いました。12月のG1を目指す陣営にとっては賞金の加算は絶対必須のレース。毎年、好レースになりやすい重賞の1つです。主な有力馬は、前走新馬戦を完勝したコマンドライン。父ディープシンパクト産駒で、NF生産×サンデーR×ルメール騎手とのコンビ。
タイトルとURLをコピーしました