追い切り情報

【アメリカジョッキークラブカップ2022】追い切り評価|オーソクレース53.5秒で駆け抜ける

1月23日に行われるアメリカジョッキークラブカップの最終追い切り評価を行いました。各馬の追い切り考察を行い、最後に全体のまとめを行っています。追い切り推奨馬も書いていますので、最後までご覧いただければ幸いです。オーソクレースはデキ落ち評価も...
出走予定馬

【愛知杯2022】出走予定|アンドヴァラナウトが中心

愛知杯の出走予定馬情報をまとめました。想定騎手入りの出走登録馬や有力馬見解について書いています。昨年はマジックキャッスルが優勝。今年も登録していますので連覇に期待が掛かります。ただ、有力視されているのはアンドヴァラナウト。ローズSの覇者で秋華賞3着と現4歳世代の牝馬で上位争いを演じた実力は本物。
出走予定馬

【日経新春杯2022】出走予定|ステラヴェローチェが主役

日経新春杯の登録馬情報をチェックしました。ステラヴェローチェが主役の扱いになりそう。斤量も57kgを背負わされました。その他の主な登録馬は、ヨーホーレイク・クラヴェルなどが登場。春のG1シーズン前、大阪杯などの前哨戦。賞金加算を目論むメンバーが集いました。
競馬予想

【フェアリーステークス2022】最終見解と予想|馬連とワイド勝負

フェアリーステークスの最終見解と予想について書きました。今回も馬連とワイドの2点勝負を行いました。1頭目は追い切り考察で1頭目推奨としたエバーシャドネー。1枠1番の最内からのスタート。先行力を見せた新馬戦を見ると、中山コースは相性が良さそうだ。
競馬予想

【シンザン記念2022】最終見解と予想|馬連とワイドの2点勝負馬券

シンザン記念の最終見解と予想までを行った記事になります。今回も馬連とワイドの2点勝負となっています。今回はソリタリオとカワキタレブリーの2頭を選択。いずれも追い切り上位馬で固め打ちしました。馬連とワイドは1:10の割合がいいと思います。
追い切り情報

【フェアリーステークス2021】最終追い切り評価|エリカヴィータ68.8秒で駆け抜ける

フェアリーステークスの追い切り考察を行いました。タイムや映像をチェックした上で考察を入れて、最後にお薦めの馬を発表しています。今回は上昇気配を示した馬は、ウラカワノキセキ・エバーシャドネーの2頭で、素直に評価できる内容を消化してきていました。
追い切り情報

【シンザン記念2021】最終追い切り評価|セルバーグ上昇気配を見せる

シンザン記念の最終追い切りを評価して推奨馬を発表しています。今回の追い切りで上昇気配を示したのはセルバーグ1頭のみでした。追い切り推奨できるのは、ウナギノボリ・ソリタリオ・モズゴールドバレル・ラスール・カワキタレブリーの合計6頭はお薦めできるものでした。
競馬予想

【京都金杯2022】最終追い切り評価から予想まで|馬連とワイドの2点勝負

京都金杯の最終追い切り考察を行いました。そのままこの記事の中で予想までを行っています。追い切り推奨馬はヴィジュネル・ステルヴィオ・ザダルの3頭でした。今回の予想も馬連とワイドの2頭の2通りで勝負。そこそこ伏兵馬を挙げています。
追い切り情報

【中山金杯2022】最終追い切り評価から予想まで|トーセンスーリヤ元気一杯

中山金杯の追い切り情報が出てきましたので考察を入れています。好調馬を見つけてしっかりと馬券に繋げられるように。トーセンスーリヤが5F66.7-51.7-37.1-1F11.3と好時計をマーク。活気十分で今回の重賞獲りへ準備をしっかりと行ってきた印象を受けました。
出走予定馬

【フェアリーステークス2021】出走予定馬|想定騎手と有力馬考察

フェアリーステークスは、3歳牝馬による重賞競走で、昨年はファインルージュが優勝し桜花賞3着、秋華賞2着と牝馬三冠で活躍を見せました。今年の有力馬は、エリカヴィータ・スクルトゥーラ・ライラックら。登録馬をチェックして、有力馬見解を述べています。
出走予定馬

【シンザン記念2022】出走予定馬|想定騎手と有力馬見解と予想参考情報

第56回日刊スポーツ賞シンザン記念の出走予定馬をまとめました。シンザン記念の昨年の覇者はピクシーナイト。過去にはジェンティルドンナやミッキーアイルやアーモンドアイなど、後々のG1を勝つ馬が優勝を果たすなど、出世レースとして定着してきた重賞です。
出走予定馬

【京都金杯2022】出走予定馬|想定騎手と有力馬見解と予想参考情報

京都金杯は、中山金杯と同様に正月に行われるハンデ重賞。昨年に引き続き中京競馬が舞台。昨年はケイデンスコールが復活Vを遂げ、次走中山記念2着、マイラーズCを優勝と結果を残しました。今年は29頭が登録。主な有力馬は、アンドラステ・エアロロノアの2頭。
出走予定馬

【中山金杯2022】出走予定馬|想定騎手や有力馬見解|高齢馬&重斤量馬を狙え!

中山金杯は、新年一発目の重賞として行われている伝統があるハンデ重賞。京都金杯と並び正月名物レースとなっています。有力視されているのはヴィクティファルス・トーセンスーリヤ・ヒートオンビートの3頭。ステラヴェローチェはハンデの確認のみの登録のはず。
競馬予想

【東京大賞典2021】最終追い切り評価と予想まで|馬連とワイド2点&単複2点

東京大賞典の最終追い切り考察を行い、予想までをまとめた記事となります。東京大賞典は、地方競馬で唯一の国際格付けのG1レースで、昨年はオメガパフュームが優勝しているレースです。追い切り推奨馬はミューチャリー・アナザートゥルース・オメガパフューム・サンライズノヴァの4頭。
競馬予想

【ホープフルステークス2021】最終見解と予想|穴馬の馬連とワイド2点勝負

ホープフルステークスの予想を行った記事です。今回は穴馬2頭の馬連とワイドで、中央ラスト開催でぶち上げたいと思っていますww追い切り推奨馬のオニャンコポンともう1頭の馬連とワイドで。内枠と外枠が不利のデータがある中で、好枠を掴んだ2頭を狙います。
競馬予想

【有馬記念2021】最終見解と予想|馬連とワイドの2点勝負

有馬記念の予想も馬連とワイドの2頭の2点勝負を行います。今回は1頭目に推奨するのはステラヴェローチェ。大外にタイトルホルダーが入ったことから、追い切り1頭目でしたが切り。そして、予想の2頭には追い切り推奨上位4頭以外の馬を選択。枠などを考慮して選択しました。
追い切り情報

【ホープフルステークス2021】最終追い切り評価|タイムや映像を比較しています

ホープフルステークスの最終追い切りについてまとめましたのでご覧ください。前走とのタイムや映像を比較して状態の上がり下がりを検討しています。オニャンコポンは南W6F83.3-68.7-54.4-40.0-1F11.9。ラーグルフは南W6F83.1-67.9-52.5-37.4-1F11.4で駆け抜けました。
考察

【有馬記念 2021】サイン・世相馬券|CMはお別れ!?ポスターは全員集合!?

有馬記念の今年のサインについて調べました。世相を表す有馬記念といわれるだけあり、今年はオリンピックイヤーでした。五輪が開かれた年の有馬記念は1人気が勝利を納める共通点がありました。その他、ヘッドラインやポスターやCMなどからサイン馬を見つけました。
追い切り情報

【阪神カップ 2021】最終追い切り評価からの予想|馬連とワイドの2点勝負

今回の追い切りで上昇気配を示したのは、【A-B】評価のダイメイフジのみとなりました。【B】評価の中では、グレナディアガーズ・ケイデンスコール・ソングライン・タイセイビジョン・ファストフォース・ホウオウアマゾン・ルークズネストの7頭は買える馬だと判断。
追い切り情報

【有馬記念 2021】最終追い切り評価|エフフォーリア5F69.0秒で駆け抜ける

有馬記念の最終追い切りが更新されていましたので、タイムや映像を比較して好調馬を発表しています。今回の追い切りで上昇気配を示したのは【A-B】評価のアサマノイタズラ・ウインキートス・ステラヴェローチェの3頭でした。【B】評価の中で注目したいのは、タイトルホルダー・ディープボンド・パンサラッサの3頭。
タイトルとURLをコピーしました