Sponsored Ads
考察

宝塚記念 2022 サイン|CMやポスター。群青のファンファーレ宝塚記念コラボ動画?

宝塚記念 考察
この記事は約6分で読めます。
2022年6月26日(日曜)3回阪神4日
発走時刻:15時40分
第63回 宝塚記念
3歳以上 OP コース:2,200メートル(芝・右)

宝塚記念のサイン考察を出しておきます。

CMは安田記念などと同じものが使われていました。

ポスターもこれまでと同様のものが使われていました。

宝塚記念は上半期決算レース。その為、色々なコラボ企画が進行中。その中で、群青のファンファーレとのコラボ動画に注目。

そのほか、ヘッドライン情報などからサイン考察を行っていきます。

Sponsored Ads

日経新春杯を攻略しようのコーナー!

確実に走りそうなデータ3頭。
そして、買い目でうまく攻略へ。

──────────────────
まずは日経新春杯データご紹介。
過去10年年齢別成績では4歳馬が優勢。
なかでも3番人気以内に支持された3歳馬は(6-3-0-3)勝率50%、複勝率75%。
プラダリア、ヤマニンゼスト、ヴェローナシチーの中で人気になる馬は狙い目といえそうです。
この3頭馬単でも熱いかも!!
──────────────────

そして、最後はここの買い目
今月はもう収支+177,600
無料公開される買い目が夏から毎月プラス収支。

集計:8/6~1/09
投資:332,600円
払戻:748,250
収支:+415,650
66戦35勝中無料公開予想
0108シンザン記念
回収率184%
+4,720
0108中京5R
回収率1,026%
+46,300
0107中山7R
回収率3243% +150,880

もう一度お伝えしますが、今年は既に177,600円プラス!

競馬には絶対はない。しかし、この金額はお年玉のレベルを超えている。

──────────────────
◎01月08戦3勝 +177,600
◎12月18戦9勝 +69,260
◎11月09戦6勝 +107,430
◎10月11戦5勝 +28,100
◎09月11戦7勝 +21,160
◎08月09戦5勝 +12,080
──────────────────

見てない方は損してると言い切れる戦績。
無料公開に選ぶレースが自信のレースという面白いサイトです。

  • メールアドレスだけの簡単登録
  • 今登録で毎週無料予想アリ!

無料登録はコチラから

リンク先:https://www.neoskeiba.jp/

日経新春杯、無視できない予想であなたのものに

Sponsored Ads

今年無料予想連勝中!!
なのにどうしてみんな知らないんだろう

サイト名で栗東/美浦独占スクープマガジンとあるだけに自信度が激高!
当然、買い目無料公開もやってくれます!

──────────────
100%無料買い目情報
第57回日刊スポーツ賞
シンザン記念(G3)
馬番→2.3.4.5.7
3連複BOX10点
12,900

すばるステークス(L)
馬番→1.5.10.12.14
3連複BOX10点
11,100

第72回日刊スポーツ賞
中山金杯(G3)
馬番→1.2.3.5.12
馬単BOX20点
63,200

※1点1000円
──────────────

12月だって凄いんだから!!土日重賞連勝爆走!

有馬記念 17,700
阪神C 21,500
朝日杯FS 12,800
ターコイズS 23,100
阪神JF 99,800
中日新聞杯 29,200
チャンピオンズC 48,500
チャレンジC 43,500
──────────────

愛知杯、京成杯 日経新春杯ある今週末。
今きてるのは間違いなくココです!

  • メールアドレスだけの簡単登録
  • 100%無料買い目情報
  • 本格派のためのめり込み注意!

無料メルマガ登録はコチラから

リンク先:https://keiba-nine.com/

メール登録し前夜買い目を確認。

テレビCMではDレーン騎手の存在をフューチャー?

テレビCMは、安田記念などと同じ構成。まさか日本ダービー以外のG1レースを同じ構成で作ってくるとは思いませんでした。手抜きというか、予算の削減があったのかもしれません。若いファンを取り込めたのは、昨年までの若い俳優陣を用いたからだと言われていましたが、ここにきてCMに力を入れなくなったのはなぜなのでしょうか。

最後の過去のレース映像は、リスグラシューが優勝した19年第60回開催のものが使われていました。2着はキセキ、3着にはスワーヴリチャードが入ったレース。

昨年のものが使われることが多い中で、わざわざ19年のものを選択。これはコロナ前の状況が戻ってきたということを表している可能性も。

肝心のDレーン騎手は、ヒシイグアスに騎乗予定。当ブログの推定オッズでは7人気前後の予定なので、伏兵馬が活躍しやすい宝塚記念では、正直一発あっても驚きはありません。

香港C2着、大阪杯4着とあと一歩のところまでは来ていますので、初G1制覇がここだとしても驚きはありません。

CMは構成などが同じなので、そこまでCMからサインが出ているわけではないと感じているものの、可能性があるならばDレーン騎手騎乗のヒシイグアスだと考えます。

宝塚記念関連動画

JRA 群青のファンファーレ 宝塚記念コラボ映像 | JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネルでは、はじまりのファンファーレというタイトルで、コラボ動画を出していましたが、今回の宝塚記念はアニメ群青のファンファーレという名前を使ったコラボ動画を出していました。

気になったのが、最後のタイトル『夢の煌めきを見逃すな!』というキャッチフレーズ。

夢の煌めきって、ウマ娘のアイテムにも登場するワード。なにやら匂いますww

煌めきという意味では、アフリカンゴールド。また、マイネルファンロンのファンロンは黄竜のことで、その見た目は金色。ドラゴンボールに出てくるシェンロン(神龍)みたいな存在です。

この辺りがヒントになりそう!?

「ウマのそら。」 ―宝塚記念編― | JRA公式

これは特に深い意味はなさそう。

ただ、組み合わせがレースによりけりで、今回は、ネイルとネット攻撃の2つの組み合わせ。ネイルはヴィクトリアMとオークスで使われていました。ネット攻撃は、NHKマイルCと日本ダービーで使われていました。

組み合わせによって、もしかしたらサインが出ている可能性もあるので、興味がある方はその辺りにヒントがありそう。

「ディスクジッキョー」 ―宝塚記念編― | JRA公式

スイープトウショウが勝った2005年のものが映像として使われています。2着ハーツクライ、3着ゼンノロブロイ。スイープトウショウは11人気の低評価を覆す活躍を見せました。

池添謙一騎手、もしくは6枠11番で11人気というところから、その辺りがサインに繋がりそうか。

ポスターはダイヤモンド?ひし形?

※当ブログは、Twitterの利用規約を遵守して運営しております

宝塚記念のポスターは、昨年の優勝馬クロノジェネシスが載っているものと、同様に昨年の実際のレースが使われているバージョンの2種類が準備。

ダイヤモンドなのか、ひし形なのか、そのように切り抜かれています。上部には宝塚記念の文字が入っているので、上部が切り抜かれています。

これをひし形だと考えるならば、ヒシイグアスにひしの文字が入ります。

ここでも、Dレーン騎手騎乗のヒシイグアスの名前が出てきました。

しかし、このポスターは、桜花賞の構成とほとんど同じ。桜花賞は桜の花びらたちが装飾されていましたが、今回は丸などの模様が出ています。

ポスターサインは、ポスター下部には丸や、上部の宝塚記念の文字の横には風?が吹いている?植物?ような装飾が描かれています。

また、星が散りばめられた形で、宝塚記念の宝という漢字の点が、星になっています。

この辺りがヒントがありそうだが…。

星は光り輝くという意味であれば、夢の煌めきを見逃すな!というキャッチフレーズと同じと考えることもできるだけに、この辺りが面白い発想ができる人が面白いのでは。

ヘッドラインは『グランプリを謳歌しろ、頂点への決心が自信を育む。』

今年の宝塚記念のヘッドラインが発表されました。

今年は『グランプリを謳歌しろ、頂点への決心が自信を育む。』となりました。

謳歌とは、『恵まれた境遇を大いに楽しみ喜び合う』こと(出典:「謳歌」の意味と使い方!「人生を謳歌する」とは?【例文つき】

歌うことも含まれていますが、現時点では上記の意味あいの方が強いと考えていいでしょう。

頂点へと決心が自信を育むという部分に着目。

頂点への決心がという部分は、アリーヴォの「到達する」「到着する」という言葉で表現できそう。

私が頂点へ到達する、という形です。

自信を育むという意味では、オーソリティの権威や威信という言葉がぴったりです。

ヘッドラインからは、アリーヴォとオーソリティの2頭のワンツーの可能性を示唆していると考えていいでしょう。

宝塚記念サイン予想まとめ

Dレーン騎手が騎乗を予定しているヒシイグアス、ヘッドラインからはアリーヴォやオーソリティの2頭に着目という点まで絞れました。

今回は、サインらしいサインが出ていると感じませんが、この辺りがヒントになりそうだと感じてします。

個人的にはヘッドライン情報で”自信を育む”というワードが、オーソリティを暗示していると考えています。

タイトルとURLをコピーしました