競馬予想

【阪神ジュベナイルフィリーズ2021】最終見解と予想|馬連とワイドの2点勝負に挑む

今年の阪神JFは混戦模様。しかし、今回も馬連とワイドの2点勝負を行いました。1頭目に選択したのは、追い切りで激走を見せたアノ馬。2頭目はサークルオブライフとしました。アルテミスSで見せた走りをここでもできれば間違いなく上位争いは可能。
競馬予想

【中日新聞杯2021】最終追い切り評価から予想まで|馬連ワイド2点勝負

中日新聞杯は、G1開催週のローカル重賞だけに注目度は低いですが、追い切りの内容を考慮すると馬券的に面白そう。ハンデ戦ということもあり、まずは地力よりも調子のよい馬を見極めて買うということが大事なります。その点では、追い切りの動きは非常に大事になりますので、ここはしっかりと当てて、日曜日へと備えたい。
追い切り情報

【阪神ジュベナイルフィリーズ2021】最終追い切り評価|クレア迫力満点

阪神ジュベナイルフィリーズの最終追い切り評価を行いました。各馬の考察の後に全体まとめを行っています。今年の阪神JFの追い切り考察を追えての所感は、荒れることも想定してから馬券を考えたいということです。有力馬と目されているメンバーの内容が今一つだった。
出走予定馬

【カペラステークス2021】出走予定馬|想定騎手と有力馬見解

カペラステークスは、ダート1200Mで行われる重賞競走。JBCスプリント後に行われる為、いつもこの路線の有力馬は出走してきませんが、今後のダート短距離重賞を占う上でも大事な1戦となっています。昨年はジャスティンが優勝しました。主な有力馬はモズスーパーフレア・リュウノユキナ・オメガレインボーなど。
出走予定馬

【中日新聞杯 2021】出走予定馬|混戦模様のハンデ戦で難解な1戦

中日新聞杯は、ハンデ戦の重賞競走。昨年はボッケリーニが優勝しました。ラーゴム・アドマイヤビルゴ・ボッケリーニなどが人気の中心となりそうですが、人気上位10頭くらいは十分に勝てそう。穴馬の活躍もありそうです。
競馬予想

【チャンピオンズカップ 2021】最終見解と予想|馬連とワイドの2点勝負

チャンピオンズCの追い切りを中心に、傾向や展開などから2頭に絞って馬連とワイドで勝負します。今回はカフェファラオとメイショウハリオの2頭とさせていただきました。足抜きの良い馬場ならばオーヴェルニュに期待したいレースでしたが...。
競馬予想

チャレンジカップ 2021 最終追い切り評価と予想|馬連とワイド2点勝負

チャレンジCの追い切り上位馬は、【A】評価のアルジャンナと、【A-B】評価のマイネルウィルトスの2頭に、【B】評価でも動けていたジェラルディーナ・ソーヴァリアント・ペルシアンナイト・ヒートオンビートの4頭。その中から馬連とワイド予想を行いました。
追い切り情報

チャンピオンズカップ 2021 最終追い切り評価|ソダシは元気に51.8秒

チャンピオンズCの追い切り考察。ソダシは坂路で【51.8-37.7-24.1-11.8】、チュウワウィザードは坂路で【52.9-38.4-25.4-12.8】、エアスピネルは坂路で【51.0-37.6-24.8-12.4】などでした。上昇気配を示したのはオーヴェルニュ・サンライズノヴァの2頭でした。
出走予定馬

ステイヤーズステークス 2021 出走予定|想定騎手や有力馬見解

阪神Cが今年最後の短距離路線の最終戦ならば、長距離路線の今年最後のレースはステイヤーズSとなります。G2クラスではありますが、ステイヤータイプはステイヤーズSと春の天皇賞しか大舞台が用意されていませんので、ここで好走できなければ賞金の大きな加算ができません。
競馬予想

【ジャパンカップ2021】最終見解と予想|コントレイルともう1頭の馬連とワイドで

ジャパンカップの予想を行いまいした。コントレイルが有終の美を飾るべく好仕上がりの追い切りを披露。今回はその相手探し。追い切り上位馬はキセキ・アリストテレスともう1頭の3頭が良かっただけに、あとは枠の有利不利や展開を考えて、コントレイルの相手を決めました。
競馬予想

【京阪杯 2021】追い切りからの予想|ファストフォースに期待したい内容

京阪杯の最終追い切り考察と予想まで一気に行いました。追い切り上位馬はライトオンキュー・オールアットワンス・シヴァージ・ファストフォース・レイハリアの合計5頭が良く見えました。予想はこの中から2頭を選択して馬連とワイドの2点勝負とさせていただきます。
考察

【ジャパンカップ2021 】サイン考察|CMは思い出。ポスターやヘッドライン情報からも!

CMは過去のG1レースの思い出話。ただし、ジャパンCの映像は使われず。ポスターは、昨年の覇者アーモンドアイが真ん中にデザインされています。しかし、なぜか2018年の写真です。ヘッドラインは「世界に誇れ、東京の直線に最強の蹄跡が輝く。」となりました。
追い切り情報

【京都2歳ステークス2021】最終追い切り|トゥデイイズザデイの雰囲気上々

11月27日の京都2歳ステークスの最終追い切り考察を行いました。各馬の考察後に全体まとめを行っています。最後までご覧になっていただき、馬券の参考になると幸いです。トゥデイイズザデイの雰囲気上々。ライラックも良かった。穴馬候補にシホノスペランツァを指名。面白い。
追い切り情報

ジャパンカップ2021 最終追い切り評価|コントレイル余裕を感じる内容で好感

第41回ジャパンカップの最終追い切りを中心とした追い切り考察を行いました。有終の美を飾るべくコントレイルが登場。坂路で51.0-36.9-23.9-12.0を記録。馬なりでの内容でこの時計はさすがというか、貫禄の動きを披露してくれました。
出走予定馬

京都2歳ステークス2021 出走予定|想定騎手と有力馬見解と現時点での予想

11月27日に行われる京都2歳Sの出走予定馬をチェックして分析しています。有力馬には4頭が該当。トゥデイイズザデイ・フィデル・ライラック・キャンデセントと、来年のクラシックを占う上でも主役級が集まる好メンバーでのレースとなりました。注目はフィデル。追い切り抜群の動き。
追い切り情報

マイルチャンピオンシップ 2021 追い切り評価|グランアレグリア調整程度の内容

11月21日に行われるマイルCSの最終追い切り評価を行いました。引退レースとなるグランアレグリアは、南Wを淡々と駆け抜け【6F80.3-65.3-51.4-37.6-1F12.2】で消化。走り自体は変わりないものの、やや元気がない印象も。前走の反動がやや気になるところ。
競馬予想

エリザベス女王杯2021 予想と最終見解|馬連とワイドの2点勝負

エリザベス女王杯の最終見解と予想について記載しています。今週更新した追い切り記事から上位馬をおさらいして、2頭に絞って馬連とワイドで勝負しています。1頭目はウインキートス、2頭目はランブリングアレーとしました。1:10の黄金比でも購入です。
追い切り情報

福島記念 2021 追い切り評価|コントラチェック81.3秒で駆け抜ける

11月14日に福島で行われる福島記念の最終追い切り考察を行った記事です。有力視されている1頭コントラチェックが81.3秒でwを駆け抜けました。ただ、僚馬の方が脚色は良かった...どう判断するか。各馬の追い切り考察後に全体のまとめを行って推奨馬を発表しております。
追い切り情報

デイリー杯2歳ステークス 2021 追い切り予想|セリフォス55.3秒で坂路を駆け抜ける

11月13日に阪神で行われるデイリー杯2歳ステークスの最終追い切り情報について記載しています。12月を占う上で大事な2歳重賞。追い切りをしっかりと確認してから馬券に繋げていきたい。有力視されているセリフォスは、栗東CW4F55.3秒で駆け抜けました。
追い切り情報

武蔵野ステークス 2021 追い切り評価|オメガレインボー上昇気配漂う走り

11月13日に東京で行われる武蔵野ステークスの追い切り考察を行った記事です。各馬の追い切りを評価した後に、全体のまとめを行っていて、お薦め馬を挙げています。有力視されているソリストサンダーは栗東坂路を53.5秒で駆け上がりました。活気のある走りを披露。
タイトルとURLをコピーしました